キービジュアル

DEPARTMENT消化器センター

はじめに

内視鏡治療は日々進歩しており、様々な疾患に対応できるようになりました。
早期癌に対しては拡大内視鏡、特殊内視鏡(NBI)の導入により病変の質的診断、がんの深達度診断を含めた診断正診率は向上しております。従来では開腹手術となっていた病変に対しても、内視鏡での切除も可能となり適応となる病変も増えています。多くの症例を重ねる事で患者さんに安心で安全な医療をご提供できるようになりました。胆管や膵臓の病気に対しても、診断から治療まで対応し、滋賀県内でも多くの症例を取り扱っております。最近では小腸内視鏡にも力を入れており、小腸病変の治療も行っております。

実施検査数

グラフ準備中

治療の実際

外来受診時に入院後治療の詳細(治療手順・合併症等)に関して担当医より説明致します。

消化管病変

治療手順:

  • ①病変範囲の確認
  • ②マーキング(病変周囲にマークを付け、病変の切除範囲を決定)
  • ③周辺切開(マーキング部位の外側をナイフで切開)
  • ④剥離(粘膜下層をナイフで剥離
  • ⑤切除後検体を病理診断(内視鏡治療で治癒が得られているか顕微鏡レベルで精査)
     → 結果にて外科手術による追加治療が必要な場合があります

食道ESD症例

(写真)準備中

胃ESD症例

(写真)準備中

大腸ESD症例

(写真)準備中

治療実績

胃ESD

胃ESD

大腸ESD

大腸ESD
胆膵病変
ERCPについて

内視鏡を使って胆管・膵管を造影する検査で内視鏡的逆行性胆管膵管造影といいます。

検査手順:

  • ①十二指腸まで特殊な内視鏡(側視鏡)を挿入
  • ②先端から膵管・胆管の中にカテーテルを挿入
  • ③カテーテルから造影剤を入れ、膵管・胆管を描出
  • ④病態により膵液や胆汁の採取、病変部から組織採取、胆石の除去やステント挿入

ERCP症例数

ERCP症例数

ERCP症例

(写真)準備中

小腸病変

小腸は長いため、これまで内視鏡で観察することは困難でしたが、カプセル内視鏡やバルーン内視鏡の登場により、小腸すべてを観察することが可能となりました。バルーン内視鏡とは、長さ2mの長いスコープとバルーンの付いたオーバーチューブを組み合わせたものです。長い小腸を折りたたむように縮めながら奥へ進んでいき観察を行い、病変に対し生検による組織診断やバルーンを使用することで狭窄部の拡張まで行う事ができます。

消化器センター

休診・代診情報
  • 休診・代診のお知らせはありません。

研修医・専攻医
      募集サイト

看護師
      募集サイト

健診センター
      サイト

看護専門学校
      サイト

よくご覧いただくページ

  • 連携医療機関・
    かかりつけ医を探す

  • 患者さんの
    紹介について

  • 医療機関専用ダイヤル0748-62-5267(平日 8:30~19:00)公立甲賀病院 地域医療連携部(病診連携)医療機関専用ダイヤル0748-62-5267(平日 8:30~19:00)公立甲賀病院 地域医療連携部(病診連携)

ページトップへ