顎関節外来|診療科・部門のご案内|地方独立行政法人 公立甲賀病院(滋賀県甲賀市)

キービジュアル

DEPARTMENT顎関節外来

ご挨拶

消化管の入り口である口腔は小さな範囲ですが、多様な疾患を生じる場所です。当院ではこのような疾患に対応するために、歯科・矯正歯科・歯科口腔外科と三科を標ぼうしています。
歯科の二大疾患としてのう蝕と歯周病に対応する歯科、歯並びの問題に対応する矯正歯科、そして埋伏歯抜歯、口腔領域の炎症、腫瘍、外傷、外科的矯正治療などに対応する歯科口腔外科です。顎変形症、顎関節症、インプラントの特殊外来も併設しています。

診療科概要

顎関節症は、う蝕、歯周病にならぶ第3の歯科疾患と言われ、学校歯科検診にも取り入れられています。また、あごが痛いという訴えで歯科医院を受診される患者様も多くなっています。

歯科口腔外科疾患として当科を受診される患者様も多く、特に精査が必要な場合や、治療の多様性が求められる症例に対しては特殊外来として顎関節外来を設け、顎関節症の専門的治療を行っています。

主な対象疾患・診療内容

対応疾患:顎関節症

口を開けたり食事を噛んだりしたときの顎関節の痛み、口を開けると音がする、開けづらいなどの症状は現代の人々には多くみられます。このような症状の多くは顎関節症です。放置しているとその影響で頭痛、めまい、肩こりなどの症状を併発することもあります。

顎関節症の発症の原因は不明なことが多く特定は困難です。現在は日常生活での緊張、多忙などのストレスなどの環境因子や、硬固物の咀嚼や長時間の咀嚼、楽器演奏、長時間のデスクワーク、重量物運搬などの行動因子、噛み合わせ、顎関節の形態などの宿主因子といった多因子が積み重なって個人の限界を超えた場合に起こり、また症状が増すと考えられています。

 

当院顎関節外来では治療のために、まずエックス線検査、MRI検査を行います。エックス線検査では下顎骨の骨の変化を確認し、MRIでは関節円板と呼ばれる関節の中にある軟組織の位置と関節内の炎症を確認します。顎関節症以外の鑑別が必要な類似の症状を示す疾患を除外でき顎関節症の診断がつけば以下の治療を計画します。

 

薬物療法

炎症がある、痛みがある顎関節症すべてに行います。抗炎症薬(鎮痛薬)を処方し、炎症の改善を図ります。

 

アプライアンス療法

アプライアンスやスプリントと呼ばれるマウスピースを作成し、噛み合わせを調整し筋肉の緊張と関節への負担を軽減します。

 

理学療法

筋肉のストレッチやマッサージにより筋肉の症状を軽減します。当院では電気的マッサージのマイオモニターを使用します。

 

関節円板徒手的授動術

関節円板のずれを関節に注射をして顎を徒手的に動かすことで戻す治療です。

 

関節腔内洗浄療法

関節内の炎症がひどいときは関節内を注射で洗浄します。

 

顎関節外来では顎関節症認定医が担当し治療に当たります。口の開け閉めに何らかの不具合を感じていらっしゃる患者様は顎関節外来でご相談ください。

  • 山崎 行庸

    山崎 行庸

    役職

    非常勤医師

    卒業年

    1999年

    専門分野

    口腔外科、顎関節、口腔インプラント

    資格(認定医、専門医、指導医など)

    日本顎関節学会専門医

    日本口腔インプラント学会専門医 

    博士(歯学)

    大阪歯科大学非常勤講師

    大阪歯科大学臨床講師

    ITI日本支部公認インプラントスペシャリスト

    歯科医師臨床研修指導医

顎関節外来

休診・代診情報
  • 休診・代診のお知らせはありません。
担当医診療日受付時間
山﨑 第1・3水曜日 午後(予約制)

研修医・専攻医
      募集サイト

看護師
      募集サイト

健診センター
      サイト

看護専門学校
      サイト

よくご覧いただくページ

  • 連携医療機関・
    かかりつけ医を探す

  • 患者さんの
    紹介について

  • 医療機関専用ダイヤル0748-62-5267(平日 8:30~19:00)公立甲賀病院 地域医療連携部(病診連携)医療機関専用ダイヤル0748-62-5267(平日 8:30~19:00)公立甲賀病院 地域医療連携部(病診連携)

ページトップへ