キービジュアル

DEPARTMENT小腸病変

小腸病変

小腸は長いため、これまで内視鏡で観察することは困難でしたが、カプセル内視鏡やバルーン内視鏡の登場により、小腸すべてを観察することが可能となりました。バルーン内視鏡とは、長さ2mの長いスコープとバルーンの付いたオーバーチューブを組み合わせたものです。長い小腸を折りたたむように縮めながら奥へ進んでいき観察を行い、病変に対し生検による組織診断やバルーンを使用することで狭窄部の拡張まで行う事ができます。

研修医・専攻医
      募集サイト

看護師
      募集サイト

健診センター
      サイト

看護専門学校
      サイト

よくご覧いただくページ

  • 連携医療機関・
    かかりつけ医を探す

  • 患者さんの
    紹介について

  • 医療機関専用ダイヤル0748-62-5267(平日 8:30~19:00)公立甲賀病院 地域医療連携部(病診連携)医療機関専用ダイヤル0748-62-5267(平日 8:30~19:00)公立甲賀病院 地域医療連携部(病診連携)

ページトップへ