キービジュアル

DEPARTMENT超音波検査

超音波検査:エコー検査

超音波検査とは

超音波検査とは、体の表面から人の耳では聞こえないほどの高い周波数の音を当て、体内の組織に当たって、はね返ってきた音を画像にする検査で、通称エコー検査とも言います。体への影響が少ない検査ですが、超音波を出す機械を当てる場所によっては少し痛みを感じる方もいます。
肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・膀胱・前立腺・子宮など腹部の臓器や甲状腺、心臓、血管など、多くの場所を調べることができます。また、血液の流れる様子も観察することができ、それにより血管が詰まっていないかを調べることができます。更に造影剤を追加で使用して腫瘍の形や内部がどのようになっているかを調べることもあります。

超音波検査:エコー検査

本院の特徴

本院は多数のエコー装置を有しています。放射線科の最新の装置では超音波の伝わる速さや跳ね返ってくる超音波の強さから肝臓の硬さや脂肪肝の程度を評価することができます。また、本院では超音波検査を行って何か異常があった場合には、その日のうちにMRIやCTでの精査をすることも可能です。
検診超音波はこちら

研修医・専攻医
      募集サイト

看護師
      募集サイト

健診センター
      サイト

看護専門学校
      サイト

よくご覧いただくページ

  • 連携医療機関・
    かかりつけ医を探す

  • 患者さんの
    紹介について

  • 医療機関専用ダイヤル0748-62-5267(平日 8:30~19:00)公立甲賀病院 地域医療連携部(病診連携)医療機関専用ダイヤル0748-62-5267(平日 8:30~19:00)公立甲賀病院 地域医療連携部(病診連携)

ページトップへ