キービジュアル

DEPARTMENT胃癌・大腸がん

胃癌・大腸がん

「胃癌治療ガイドライン」「大腸癌治療ガイドライン」に準拠して治療方針を決めています。
手術においては、開腹操作を伴う手術だけでなく、縮小手術(重点的リンパ節郭清、局所切除)や腹腔鏡を使った痛みの少ない低侵襲手術を積極的にとり入れています。
特に大腸がんの手術では、腹腔鏡手術が標準手術となってきており、術後約一週間程度で退院できます。大腸がんの中でも進行直腸がんに対しては術前化学放射線療法を行い根治性の高向上につとめています。胃がんの治療においても、高度進行がんを除き腹腔鏡手術を第一選択としています。また高度進行胃がんに対しては術前化学療法と手術を併用することで根治性を追求しています。当院では内視鏡外科技術認定医と経験豊富な消化器外科医が手術に取り組んでいます。

研修医・専攻医
      募集サイト

看護師
      募集サイト

健診センター
      サイト

看護専門学校
      サイト

よくご覧いただくページ

  • 連携医療機関・
    かかりつけ医を探す

  • 患者さんの
    紹介について

  • 医療機関専用ダイヤル0748-62-5267(平日 8:30~19:00)公立甲賀病院 地域医療連携部(病診連携)医療機関専用ダイヤル0748-62-5267(平日 8:30~19:00)公立甲賀病院 地域医療連携部(病診連携)

ページトップへ