キービジュアル

DEPARTMENT心臓カテーテル検査

IVR:Interventional Radiology:画像下治療

心臓カテーテル検査とは

心臓カテーテル検査は心臓の血管(冠動脈)を詳しく調べる検査です。カテーテルという細いチューブを手や足の血管から冠動脈まで進めます。血管はX線では写らないので、血管内に造影剤という薬を注入しながらレントゲン写真を連続で撮影し続けます。このことにより、血管の様子がわかるレントゲンの動画が撮影できます。
この動画を様々な方向から撮影して、冠動脈に細い部分や詰まっている部分があるか、また血管のどの場所にあるかを把握します。そうすることで、より最適な治療を選択することができます。

心臓カテーテル検査

本院の特徴

本院の心臓カテーテル装置にはX線を出す機械が2個ついています。1回の造影剤注入で2方向の動画が撮影できるため、1個しかついていない装置よりも少ない造影剤量で検査が可能です。

研修医・専攻医
      募集サイト

看護師
      募集サイト

健診センター
      サイト

看護専門学校
      サイト

よくご覧いただくページ

  • 連携医療機関・
    かかりつけ医を探す

  • 患者さんの
    紹介について

  • 医療機関専用ダイヤル0748-62-5267(平日 8:30~19:00)公立甲賀病院 地域医療連携部(病診連携)医療機関専用ダイヤル0748-62-5267(平日 8:30~19:00)公立甲賀病院 地域医療連携部(病診連携)

ページトップへ