キービジュアル

DEPARTMENTIVR

IVR:Interventional Radiology:画像下治療

IVRとは

IVR装置は血管の撮影に特化した装置です。X線写真を撮るだけでなく低い線量でX線を出し続けることで、動画として観察することもできます。
検査・治療は手首や足の付け根からカテーテルという細い管を挿入して行います。血管はX線では写らないので、血管内に造影剤という薬を注入して血管を確認します。代表的な検査を以下に示します。

画像下治療

  • 動脈瘤に対してコイルという金属を詰めて破裂しないようにする
  • 早期の脳梗塞に対して詰まっている血栓を除去する
  • 頸部の動脈の狭窄に対してステントによる拡張を行う
  • 腸管からの出血を止める
  • 腫瘍を栄養する血管を詰める
本院の特徴

本院で使用している装置はフィリップス社製のX線管球を2個備えた装置で、1回の造影剤注入で2方向の画像を得ることができます。そのため、造影剤による身体への負担を軽減できます。また、回転撮影することで、CT装置のような画像が得られ、3次元的な観察で治療が行えます。

研修医・専攻医
      募集サイト

看護師
      募集サイト

健診センター
      サイト

看護専門学校
      サイト

よくご覧いただくページ

  • 連携医療機関・
    かかりつけ医を探す

  • 患者さんの
    紹介について

  • 医療機関専用ダイヤル0748-62-5267(平日 8:30~19:00)公立甲賀病院 地域医療連携部(病診連携)医療機関専用ダイヤル0748-62-5267(平日 8:30~19:00)公立甲賀病院 地域医療連携部(病診連携)

ページトップへ