キービジュアル

DEPARTMENT働いている先輩の声

働いている先輩の声

山本 優子

職種 薬剤師
入職年 2012年 10年目
出身校 大阪大谷大学
公立甲賀病院を選んだ理由を教えてください。

実務実習を経験し、病院で働きたいと思っていました。
いくつか病院見学をしましたが、直感で公立甲賀病院を選びました。この病院なら自分は頑張っていけるのではないかと思ったからです。

今のお仕事の内容を教えてください。
また、どういったときにやりがいを感じますか?

調剤業務、病棟業務、緩和ケアラウンドなどを行っています。
病棟業務では患者さんと直接話すことも多く、さまざまな訴えがあります。薬で解決できそうなことなら主治医に提案し、患者さんから「少しよくなったよ」と言ってもらえると薬剤師としてのやりがいを感じます。

職場の雰囲気を教えてください。

経験・知識ともに豊富な先輩方がたくさんいますが、アットホームな雰囲気です。わからないことがあれば何でも教えてもらえますし、困っているときは声をかけてもらったりもします。自分自身も助け合いの精神を忘れないようにしています。
また、自分のしたいことをサポートしてもらえる職場だと思います。

今までで一番印象に残ったエピソードを教えてください。

一つ目は土山マラソン(ハーフ)です。
今までマラソンなどしたことがなかったのですが、出てみないか?という話になり挑戦しました。時間が合えばみんなでスポーツの森で練習もしました。
先にゴールした先輩たちの応援もあり、最後は薬剤部長とゴールし、労いあったことを今でもおぼえています(笑)

二つ目は、リレーフォーライフです。
10月だったのですが、悪天候で夜は寒く凍えそうでした。
そんな中、多職種で交代しながら夜通しでリレーウォークし、仲間の誕生日を祝ったり、他愛もない話をしたりしました。夜明けには天気も回復し、朝日で琵琶湖がキラキラしていたのを覚えています。みんなでやり遂げたという達成感が強いイベントでした。

公立甲賀病院の魅力を教えてください。

他の職種との距離が近いことです。
個々の人柄かもしれませんが、医師・看護師・コメディカル・助手さんなど皆さんフレンドリーに接してくれます。
多職種連携といわれる昨今ですが、コミュニケーションの取りやすさはこの病院の魅力だと思います。

最後に求職者にひとこと

毎日が充実していて、やりがいのある仕事だと思います。
不安なことも多いと思いますが、わからないことはどんどん聞いてください。

大村 彩

職種 薬剤師
入職年 2010年 12年目
出身校 京都薬科大学
(大学院)
公立甲賀病院を選んだ理由を教えてください。

急性期と慢性期医療、ともに行われている病院で働いてみたいと思いました。

今のお仕事の内容を教えてください。
また、どういったときにやりがいを感じますか?

調剤室内での調剤業務はもちろんのこと、循環器/呼吸器メインの病棟における入院患者さんへの服薬指導、院内感染対策チームの院内ラウンドへの参加、抗がん剤のミキシングなど、多岐にわたる業務に従事させてもらっています。
薬剤師は医師や看護師のように目立つ職種ではありませんが、「ありがとう」のお言葉をいただいた時はこの仕事をしていてよかったと感じます。

職場の雰囲気を教えてください。

ベテランから若手まで在籍しており、明るい雰囲気で仕事をしています。また、医師や患者さんからの問い合わせに悩んだ時にはお互いに相談しあうことができます。それでも解決しないときはその分野で認定をもつ職員に助言を仰ぐことができ仲間がいるのはとても心強いです。

今までで一番印象に残ったエピソードを教えてください。

入院中の患者さんにお薬をお渡しに行った時のことです。その時は新しく始まったお薬の説明に伺ったのですが、よくよくお話を聞いてみると、発作を抑える薬について誤った認識を持たれていました。大切な薬なのですが、「副作用が怖いからあまり使いたくない」と話されていたため、正しい使い方と副作用を防ぐための方法をお伝えしたところ安心して使用していただくことができるようになりました。
患者さんに医薬品を安全に使用していただくためのお手伝いができた事例だと思います。

公立甲賀病院の魅力を教えてください。

当院は中規模の病院であるため、部内のいろいろな業務に携わり・経験することができる点は魅力の一つだと思います。経験する中で、自身が興味を持ったことを追求していける環境が整っているのではないでしょうか。
また、私は育休産休を経験したのですが、院内保育所が病院に隣接しているため、安心して復職できました。

最後に求職者にひとこと

当院は同じ部署内だけでなく、医師や看護師等の他部署の職員とも顔の見える距離で働ける職場です。同じチームの仲間として一緒に働きませんか?

齋藤 操

職種 薬剤師
入職年 2008年 14年目
出身校 神戸薬科大学
公立甲賀病院を選んだ理由を教えてください。

結婚を機に就職したため、子育て出来る環境であることと、総合病院でもあり色々な経験が出来ると思い選びました。

今のお仕事の内容を教えてください。
また、どういったときにやりがいを感じますか?

病棟薬剤師として外科病棟、地域包括病棟を兼任しており周術期から退院までの薬剤管理や患者さんやそのご家族へ薬剤指導を行っています。また感染制御チームの一員として病院全体の感染対策活動、抗菌薬の適正使用の推進、TDM(薬物血中濃度モニタリング)の仕事にも従事しています。やはり患者さんから直接お礼を言われたりすると、やりがいを感じます。

職場の雰囲気を教えてください。

上下関係なく、わからないことを聞き合える職場です。

今までで一番印象に残ったエピソードを教えてください。

外科病棟にて持参薬面談業務を推進し、周術期の薬剤管理を病棟担当チームで取り組むことがきたことです。

公立甲賀病院の魅力を教えてください。

急性期の患者さんを受け入れていて、この地域ではなくてはならない病院だと思います。また他職種でチーム医療を行っており、入院から退院までサポートしてくれる病院です。

最後に求職者にひとこと

病院での薬剤師の仕事は臨床が近く、また医師、看護師等の他職種との距離も近く、色々な面においてやりがいを感じる事が多い職場だと思います。また当院では専門チームがあり、認定薬剤師の取得にむけ研修や学会等も参加しやすい環境にあると思います。

研修医・専攻医
      募集サイト

看護師
      募集サイト

健診センター
      サイト

看護専門学校
      サイト

よくご覧いただくページ

  • 連携医療機関・
    かかりつけ医を探す

  • 患者さんの
    紹介について

  • 医療機関専用ダイヤル0748-62-5267(平日 8:30~19:00)公立甲賀病院 地域医療連携部(病診連携)医療機関専用ダイヤル0748-62-5267(平日 8:30~19:00)公立甲賀病院 地域医療連携部(病診連携)

ページトップへ