ご来院の方へ

HOME > ご来院の方へ > 【外科】乳腺外来 > 乳がん以外の乳腺疾患

診療科・セクション

乳がん以外の乳腺疾患-【外科】乳腺外来-

乳がん以外の乳腺疾患

 

乳腺症

 乳がん以外の乳房の病気の中で最もよくみられます。
 厳密には乳腺症は病気ではなく、乳腺の加齢変化です。

 女性の乳腺組織がその役割を発揮するのは、授乳期で、それ以降、乳腺組織はだんだんと退縮していきます。
 早いひとは20歳代から始まり、30~40歳代にもっとも多くみられます。
 女性ホルモンのバランスが乱れ、乳腺組織が異常に増生、退化、変化します。
 これが乳腺症です。
 自覚症状は、片側あるいは両側性にしこりのように触れたり、乳房が張る、痛む、あたると痛い、乳頭がら分泌物がでるといったものです。
 しこりのようなものは実際は乳腺症変化をともなった乳腺組織そのものですが、月経前に大きさや硬さが増すこともあります。
 乳房痛も1ヶ月の間に増減し、突然はじまったり、突然消失します。

 乳腺症によるしこりは、基本的にがん化することはありません。

 ただし。乳がんとの鑑別が難しく、自治体の乳がん検診でも判別できないことが多々あります。
 定期的に乳がん検診を受けるとともに、自己検診を行って、自分の乳房の状態を知っておくことで、乳腺症のしこりとは違うしこりができたときに気づきやすいので、乳がんの早期発見につながります。
 当院ではマンモグラフィ、超音波検査で診断しますし、それでも判定困難な場合は穿刺吸引細胞診で診断をつけます。

 検査で乳腺症と診断がつけば、一般的には治療の必要はありません。

 

線維腺腫

 線維腺腫は、境界がはっきりしてクリクリとよく動く手に触れやすいしこりです。
 銀玉のようなしこりです。
 20~30歳代の比較的若い女性に多く見られます。

 良性腫瘍で、がん化することはほとんどありませんので、特に治療の必要はありません。

 しかし、画像検査で乳がんとまぎらわしい像を示すことがあり、穿刺吸引細胞診で、乳がんとの鑑別を行うことがあります。

 しこりが大きくなってくる場合や、しこりの直径が2~3cmを超えるときは、葉状腫瘍(良・悪性があります)の可能性や美容的な面を考慮して、しこりの摘出手術を行うこともあります。局所麻酔で外来手  術で行えます。

 

乳腺炎

 乳腺炎は、細菌感染によって乳腺に炎症が起こる病気です。

 授乳期に乳管内に乳汁がたまって炎症を起こし、乳房の赤み、腫れ、痛みや高熱などが現れます。
 治療には、抗菌薬が用いられますが、ひどい場合は切開し排膿します。

 授乳期以外に、乳腺炎と同じような症状があらわれた場合には注意が必要で、特殊なタイプの炎症性乳がんの可能性がありますので、乳腺外来を受診してください。

 

乳管内乳頭腫

 乳管内にできる良性腫瘍を、乳管内乳頭腫といい、30歳代後半~50歳代の女性に多く発症します。
 乳頭に近いところに比較的よくできます。

 乳頭から血混じりの赤黒い分泌物がみられ、驚いて外来受診されることが多いです。
 腫瘍が大きくなるとしこりとして外から触れてわかることもありますが、がん化することはありません。
 乳頭腫のある乳管を切除する手術を行えば、症状はなくなります。

 

外来診療担当割

外来診療担当割

受付時間は平日 午前8時~午前11時30分です。受診科や曜日によって時間が異なる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

  • 外来診療担当割
  • セカンドオピニオン
  • 採用情報