研修の特徴・院長辻川知之あいさつ|公立甲賀病院研修医採用

キービジュアル画像

features

病院長・センター長
あいさつ

  • 公立甲賀病院の研修医サイト
    へようこそ!

    当院における初期臨床研修のキーワードは、マイペース、欲張り屋さん、気さくな指導医です。
    同期は5名と多すぎない人数であり、1人ずつが自分のペースに合わせて研修できます。すなわち、救急医療などやる気さえあればどんどんさせてもらえるし、しんどい時は無理せずペースダウンでOKです。また、413床と規模はあまり大きくありませんが、画像診断を丁寧に教えてもらえる放射線科医は4名もいますし、病棟は急性期のみならず、地域包括ケア病棟、回復期リハビリ病棟、緩和ケア病棟を併せ持っており、様々な患者さんの入院形態を学ぶことができるなど、色々と経験したい研修医にはうってつけです。さらに、医局は研修医から指導医、院長に至るまでワンフロア―にあり、しかも皆が気さくな人柄ですので、いつでも気兼ねなく質問しやすい環境です。少し田舎ですが、必ず充実した研修ができますので「やる気」だけはある人、大募集しています。

    辻川 知之の写真

    地方独立行政法人公立甲賀病院 理事長

    公立甲賀病院 院長

    辻川 知之

  • 卒後2年間の臨床経験は、“医師としての生き方”を決定づける大切なものです。そのような重要な時期を共に過ごせることに、私たち指導医一同は大きな責任感と喜びを感じています。当院の臨床研修の特徴は、プログラムの自由度の高いことですが、我々指導医はそれぞれの研修医にきめ細やかに対応します。その結果、研修の2年目には、周りから信頼される重要な戦力となられ、その成長する姿は目を見張るものがあります。今まで初期研修を終えた先輩方は、様々な診療科に進まれますが、専門医として当院に戻ってこられた先生も数多くおられます。まさに当院初期研修から生まれた“甲賀病院ファミリー”が毎年増えており、うれしい限りです。皆さんもぜひ“甲賀病院ファミリー”の一員となり、将来を切り拓いていただきたいと思います。心よりお待ちしています。

    公立甲賀病院副院長の写真

    公立甲賀病院副院長

    初期臨床研修センター長

    小河 秀郎

初期研修の特徴

当院の研修プログラムは自由度が高く、研修医の希望を多く反映することができます。また、当院では優秀な放射線科指導医が充実しており、早い段階から放射線科研修を受けることで、種々の画像診断能力だけでなく、中心静脈カテーテル挿入など実臨床に重要な手技を身に着けることができます。救急車搬入数は年間で2700件ですが、多彩な救急症例が多く、研修医一人あたりの症例は多い環境です。更に、滋賀医科大学と臨床研究教育拠点を提携しており、臨床教育に興味を持った指導医が各科に充実しているので、2年目研修でどの診療科を希望しても、的確な指導を受けながら充実した研修を行うことができます。

  1. 救急症例が豊富

    多彩な救急症例が多く症例数、救急車搬入数が年間で2900件以上。
    研修医一人あたりの症例が多い環境です。

  2. きめ細かい指導

    研修医は各学年2~5人程度で指導する医師も若い医師が多いのできめ細かく指導してくれます。
    滋賀医科大学と臨床研究教育拠点を提携しています。

  3. 経験すべき科を
    幅広く選択可能

    各科に指導医、2年目の研修で希望の科を選択でき、専門医に向けて経験すべき科を、幅広く選択することができます。

病院概要

(2021年6月14日更新)

  • 救急指定

    2次救急

  • 病床数

    413

  • 医師数

    80

    ※令和3(2021)年4月1日時点

  • 1日平均入院患者数

    307.7

    ※平成31(令和元)(2019)年度

  • 1日平均外来患者数

    875.9

    ※平成31(令和元)(2019)年度

施設概要

開設者 地方独立行政法人 公立甲賀病院
名称 公立甲賀病院
医療管理者 辻川 知之
所在地 滋賀県甲賀市水口町松尾1256番地
設 立 1939年(昭和14年)6月水口町外24カ町村の産業組合病院として設立
1960年(昭和35年)10月甲賀郡7町により、甲賀郡国民健康保険病院組合(運営母体)が設立される
1981年(昭和56年)4月病院名を公立甲賀病院に変更
2004年(平成16年)10月市町村合併に伴う組織の変更により、設立母体の名称が公立甲賀病院組合となる
2013年(平成25年)4月新病院開院(甲賀市水口町鹿深3番39号から甲賀市水口町松尾1256番地へ移転)
2019年(平成31年)4月経営形態を地方独立行政法人に変更
診療科目 内科、脳神経内科、循環器内科、腎臓内科、血液内科、糖尿病・内分泌内科、消化器内科、呼吸器内科、緩和ケア内科、外科、呼吸器外科、消化器外科、心臓血管外科、肛門外科、乳腺外科、精神・心療内科、小児科、整形外科、リウマチ科、麻酔科、脳神経外科、泌尿器科、眼科、産婦人科、耳鼻いんこう科、皮膚科、形成外科、放射線科、リハビリテーション科、病理診断科、救急科、歯科、矯正歯科、歯科口腔外科(34診療科)
職員数 令和3年(2021年)4月1日現在 
正職員 662人
パート職員 258人
病床数 一般病床 409床
感染病床 4床
計 413床
主要設備・
備品
  • 循環器X線診断装置(血管連続撮影装置、DSA)
  • 多目的X線画像診断装置
  • ガンマカメラ
  • 超音波内視鏡装置
  • 電子内視鏡装置
  • 内視鏡テレビ情報システム
  • 画像ファイリングシステム
  • 医用ライナック
  • 全身性X線骨密度測定装置
  • 補助循環装置
  • ストレステストシステム
  • ウロダイナミックシステム
  • 人工腎臓透析装置
  • 眼科用マルチカラーレーザー光凝固装置
  • 眼科用手術顕微鏡
  • 電動傾斜刺激装置
  • 経頭蓋超音波ドプラー脳血流モニター
  • 耳鼻咽喉科手術顕微鏡
  • 皮膚科炭酸ガスレーザー手術装置
  • 麻酔モニタリングシステム
  • セントラルモニタリングシステム
  • 血液自動分析装置
  • 多項目自動血球計数装置
  • 生化学自動分析装置
  • 手術用滅菌水手洗い装置
  • 高圧蒸気滅菌装置
  • 全自動錠剤分包機
  • 薬袋印字システム
  • 体外衝撃波結石破砕装置
  • 泌尿器科用X線透視撮影装置
  • 超高速マルチスライスCT(80列、320列)
  • 多機能乳房X線撮影装置
  • ラジオ波局所凝固治療装置
  • ハイパフォーマンスドリル
  • 内視鏡ビデオスコープシステム
  • 超音波診断装置
  • 人工呼吸器
  • 医用テレメーター
  • 磁気共鳴コンピューター断層撮影装置
  • 超音波白内障手術装置兼硝子体手術装置
  • 眼内レーザー
  • マイクロサージェリー電動油圧手術台
  • 眼底カメラ
  • オゾンガス滅菌システム
  • 高性能移動型X線TV装置
  • 携帯型超音波診断装置
  • 泌尿器科内視鏡手術器械
  • KTP/YAGレーザー手術装置
  • デジタルX線撮影装置
  • 臨床用ポリグラフシステム
  • 内視鏡挿入形状観測装置
  • デジタル脳波形
  • 介護用低床電動ベッド
  • 超音波ガストロビデオスコープ
  • 高周波手術装置
  • 血液浄化用装置
  • 自動体外式除細動器
  • 消化器内視鏡システム
  • 筋電図・誘発電位検査装置
  • 耳鼻咽喉科光学式ナビゲーションシステム
  • 脳神経外科手術顕微鏡
  • 遠心型血液成分分離装置
  • 術中神経モニタリングシステム
  • 頭腹部血管連続撮影装置
  • 呼吸機能検査装置
  • ホルムアルデヒド滅菌装置
  • 過酸化水素滅菌装置
  • 全自動遺伝子解析装置

公立甲賀病院の魅力を
動画で紹介

  • 動画のサムネ

    当院の研修医からの
    メッセージ

  • 動画のサムネ

    当院で働いている
    女性医師からのメッセージ

  • 動画のサムネ

    当院で働いている
    女性医師からのメッセージ

ページトップへ