しびれ外来|診療科・部門のご案内|地方独立行政法人 公立甲賀病院(滋賀県甲賀市)

キービジュアル

DEPARTMENTしびれ外来

ご挨拶

痛みと異なり、しびれくらいでなかなか病院に足が向かないのが人情です。
でも手足のしびれは、脳や脊髄などの病気では、大事な症状となります。これを放置すると、しびれ➡痛み➡運動麻痺へと進むことが知られています。
しびれを軽視することなく、症状が1か月以上続くようなら一度、受診してください。

診療科概要

首の病気(頚髄)によって、足のしびれが出ることがよくあるんですよ!と言われたら、びっくりしませんか?
神経は、脳、脊髄、さらに末梢神経へと区切れることなく連続しています。ですから頭からつま先まで全体を眺めることが必要です。『足の症状➡足や脚、腰の検査』をしていても、正しく原因にたどり着けないことはよく経験するところです。

次のコーナーで、ご自分の症状を当てはめてみてください。

主な対象疾患・診療内容

あなたの症状は?
  • 首が痛い
    腕や手指にまで症状が出ていますか?また、天井を見上げる、首を後ろに反らすと、首筋から肩甲骨に痛みが強くなる?肩から腕へとしびれが走る?そんな場合には、頚椎椎間板ヘルニアなどの疾患を念頭に置き、MR検査を行います。
    頚椎症性脊髄症、頚椎症性神経根症などのこともあります。
  • 責任病巣をしっかり見極める=正確な診断が最も大切!
  • そのために、しびれや痛みの出る部位がどこなのか、詳細に尋ねます。ここからこの辺りにかけてしびれる、ここはしびれないと、指1本で指し示すことができるようにして、受診して下さい。
  • 治療方針は・・・原則としてやや安静にして、お薬処方などで経過観察をおこないます(保存的治療)。
  • すぐに手術になるようなことはめったにありません。しかし、そのままにして時間が経つと神経に傷がついて、回復不能となってしまうような場合には、手術を検討すべきです。その場合には「病状などを詳しく説明しますので、ご家族と共に受診してください」と申します。
  • ですから、手のしびれや使いづらさがある場合は必ず受診をお願いします。
  • 脚がしびれる
    診察を行って坐骨神経痛かどうかを見極めます。その場合には腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症腰椎すべり症梨状筋症候群などの可能性があります。十分な診察の上で、やはりMR検査を行います。
  • 手が痺れる
    大きく分けて頚椎疾患、末梢神経疾患、内科的疾患の場合が考えられます。
  • 頚椎疾患としては頚椎症性脊髄症、頚椎症性神経根症、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎後縦靭帯骨化症などが考えられます。これらによって手の症状が出ているようならば、なんらかの治療が必要となる可能性も高いことになります。受診をお薦めします。
  • 末梢神経疾患としては手根管症候群、肘部管症候群などを考えます。重たいものを繰り返して運ぶなど、手首を酷使してきた方などによく見られます。明け方にしびれで目を覚ますことも知られています。適切な治療を行うと改善が見込まれます。まずはしびれ外来の受診をオススメします。
  • 足が痺れる
    両方のつま先や足裏がしびれるような場合には、頚髄の病気によることが多いものです。専門家が診察すれば一発でわかりますので、しびれ外来を受診してください。
  • 最近つまづきやすい、階段は上りよりも下りが嫌、手すりを使う
    歩き方を見る+診察だけで、病気を絞り込むことができる場合があります。しびれ外来を受診してください。
  • 箸が使いにくい、ボタンがはめにくいなど手が使いづらい 詳細情報はこちら


しびれ外来

休診・代診情報
  • 休診・代診のお知らせはありません。
担当医診療日受付時間
渡邊 毎週月・水曜日 13:00~15:00(紹介予約制)

研修医・専攻医
      募集サイト

看護師
      募集サイト

健診センター
      サイト

看護専門学校
      サイト

よくご覧いただくページ

  • 連携医療機関・
    かかりつけ医を探す

  • 患者さんの
    紹介について

  • 医療機関専用ダイヤル0748-62-5267(平日 8:30~19:00)公立甲賀病院 地域医療連携部(病診連携)医療機関専用ダイヤル0748-62-5267(平日 8:30~19:00)公立甲賀病院 地域医療連携部(病診連携)

ページトップへ