キービジュアル

DEPARTMENT乳腺撮影装置(3Dマンモグラフィー)

乳腺撮影装置(3Dマンモグラフィー)

装置名:Selenia Dimensions (Hologic社、日立メディコ)
装置名;Selenia Dimensions
乳腺撮影装置(3Dマンモグラフィー)とは?

乳がんの早期発見を目的として開発された乳房専用X線装置です。

撮影の方法

乳房を台に乗せ、透明の板で平たくはさみ撮影します。
平たくすることで、がんを発見しやすく、被ばくをより少なくすることが出来ます。

撮影の方法
撮影の方法

当院のマンモグラフィーの特徴

鮮明なデジタル画像

『FPD(フラットパネルディテクター)』を採用した最新のデジタルX線システムで高い解像度で診断精度の向上が期待されます。
 また瞬時に画像を確認出来るので検査後の待ち時間も短縮されます。

トモシンセシス(3D撮影)

当院のマンモグラフィーはCT装置と同じようにデジタル断層撮影ができます。
組織の重なりが少なくなるため、乳がんの発見率を向上させたり、病変の位置を正確に把握することが可能な最先端の機能を備えており診断精度の向上が期待されます。

装置名;Selenia Dimensions

トモシンセシスは非常に新しい技術です。
詳細はこちらをご参照ください。

マンモグラフィー検診施設画像認定

当院は、「マンモグラフィー検診施設画像認定」を受けています。
詳しくはリンク先をご覧ください。

研修医・専攻医
      募集サイト

看護師
      募集サイト

健診センター
      サイト

看護専門学校
      サイト

よくご覧いただくページ

  • 連携医療機関・
    かかりつけ医を探す

  • 患者さんの
    紹介について

  • 医療機関専用ダイヤル0748-62-5267(平日 8:30~19:00)公立甲賀病院 地域医療連携部(病診連携)医療機関専用ダイヤル0748-62-5267(平日 8:30~19:00)公立甲賀病院 地域医療連携部(病診連携)

ページトップへ