ご来院の方へ

HOME > ご来院の方へ > 看護部 > 診療放射線課

診療科・セクション

診療放射線課-看護部-

診療放射線課

 診療放射線課は、診療棟のフロアー番号青色「14・15・29」とリニアック棟の「16」に位置し、最新の医療機器と設備の中で、診察・検査・診断・治療が行われています。
 診療棟「14」内視鏡検査室では、胃カメラや大腸カメラを用い、がんの早期発見・治療、消化管出血の治療などが行われます。
 診療棟「15」には、透視室(X-TV室)や血管撮影室・CT室・MRI室超音波室などがあり、それぞれの検査機器の特徴を活用して検査・治療が行われます。
 診療棟「29」は、心筋梗塞の精査・治療を行う心臓カテーテル室です。
 ここでは、ペースメーカーの植え込みも行っています。
 リニアック棟「16」は、がん治療のひとつである放射線治療と、核医学(PET・RI)検査を行っています。

 看護師は、これら各検査室での診察・検査・治療の介助と看護ケアにおいて、安心・安全な看護が提供出来るよう日々研鑚に努めています。
 さらに専門性を生かした看護を提供するために、内視鏡では「消化器内視鏡技師」、IVRや心臓カテーテルでは「INE(インターベンションエキスパートナース)」の資格を取得した看護師が活躍しています。
 また、急性心筋梗塞や吐血・下血などの消化管出血、腹腔内出血など、生命にかかわる疾患には24時間体制で迅速に対応しています。

 放射線科(画像センター)の紹介ページもご覧ください。

外来診療担当割

外来診療担当割

受付時間は平日 午前8時~午前11時30分です。受診科や曜日によって時間が異なる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

  • 外来診療担当割
  • セカンドオピニオン
  • 採用情報