ご来院の方へ

HOME > ご来院の方へ > 眼科 > 白内障

診療科・セクション

白内障-眼科-

人の眼は、よくカメラにたとえられます。

カメラのレンズに相当する働きをするのが水晶体です。

水晶体は透明で、光を透過しレンズとして眼底の網膜に光を集め、外界の物体の像を結ぶ働きを持っています。

透明なはずの水晶体が濁ってくると光が眼底に入る前に散乱され、レンズとしての網膜に像を結ぶ働きが弱くなり、かすんで見えるようになります。

この水晶体の濁った状態を白内障といいます。

また水晶体が濁ると光がその部分で乱反射するために、光の強い戸外ではまぶしくなったりすることもあります。

水晶体の濁り方によっては、物が2つにも3つにも見えるようになることもあります。

さらに濁りが進行すると水晶体が黄色や茶褐色となって、かすみも強くなり、しだいに物が見えなくなってきます。

また非常にまれではありますが、水晶体の濁りがかなり進行してしまうと緑内障になり、急に痛みや充血が起こります。

この場合、放置すると失明してしまいます。

 

白内障は、今後ますます増えていく眼疾患の一つです。

進行を遅らせる点眼はありますが、根本的な治療法は手術しかありません。

通常は、水晶体(カメラで例えるとレンズ)の混濁が進行して視カが低下し、日常生活に支障をきたすようになると水晶体を摘出します。

水晶体を取り除いた後は、眼内レンズ(人工水晶体)を挿入することにより、視カを回復することも可能です。

現在、日本では一年間に約20万人の人が白内障の手術を受けています。

当院では月曜日・水曜日・金曜日の午後に白内障の手術を施行しております。

光がまぶしく感じる、最近見えにくくなったと思われる方は、一度眼科で検査を受けることをおすすめします。

白内障は、適切な治療により、視カの回復が望める疾患です。

外来診療担当割

外来診療担当割

受付時間は平日 午前8時~午前11時30分です。受診科や曜日によって時間が異なる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

  • 外来診療担当割
  • セカンドオピニオン
  • 採用情報