ご来院の方へ

HOME > ご来院の方へ > 甲賀看護専門学校 > 修学資金について(平成27年度)

診療科・セクション

修学資金について(平成27年度)-甲賀看護専門学校-

看護師をめざして本校で学ばれるみなさまへ

☆ぜひ看護の道に進みたいという夢・・・だけど、家族に経済的負担をかけたくない・・・そんなあなたの夢を応援します。

 地域に貢献できる人材の育成も本校の大きな願いです。
 このため、本校の学校運営資金や設備投資についても湖南市・甲賀市・公立甲賀病院から強力なバックアップを頂いており、他の公立学校と比較しても授業料等が比較的安価に設定しております。

本校………………300,000円×3年   =  900,000円
国公立大学………535,800円×4年   =2,143,200円
済生会看護学校434,000円×3年   =1,302,000円
県立看護学校……390,000円×3年   =1,170,000円
日赤看護学校……400,000円×3年   =1,200,000円

 さらに、本校の設立母体である公立甲賀病院では、卒業後、看護師として公立甲賀病院で勤務していただける方を対象に公的修学資金貸与制設けております。
 この修学資金貸与制度は公立甲賀病院に看護職員として貸与を受けた期間と同期間、従事していただくと返還が免除される大変、有利な!制度です。本校の先輩もこの制度を利用し、公立甲賀病院で活躍されています。

☆ 実習で慣れ親しんだ病院で・・・
☆ 先輩や同級生も多くて安心な病院で・・・
 ぜひ、この制度を活用されますことをお勧めします。
 平成26年度は全学年で69名が利用されています。
 内、1年生は25名が利用されています。

☆甲賀市・湖南市内各病院

 実習提携先病院の修学資金制度
 生田病院・甲西リハビリ病院・水口病院・甲南病院・紫香楽病院など2市内の各病院でも卒業後、看護師としてその病院で何年間か勤務をすれば返済が免除される場合もある修学資金制度を設けて看護師の養成に力を入れておられます。
 また、看護学校在学中も学生からの相談を受けるなどのフォローも行っておられる病院もあります。
 授業料など学費が心配な方も、安心してください。
 甲賀市・湖南市では自治体と民間が協力し合って、自力でがんばりたい皆様を地域をあげて応援しています。

本校の取り扱う修学資金制度

☆公立甲賀病院修学資金制度の概要

修学資金の月額:50,000円(年額:600,000円)

貸与期間:最長3年間

返還免除:公立甲賀病院組合職員に採用され、看護職員として貸与を受けた期間と同期間、業務に従事したときは、返還が免除されます。

返還:
 ○養成所を退学したとき
 ○養成施設を卒業後1年以内に看護職員としての免許を取得しなかったとき
 ○免許取得後ただちに公立甲賀病院組合に勤務または就職しなかったとき、
 ○または採用されなかったとき
 ○死亡したとき
 このような場合には、3ヶ月以内に総額を返還しなければなりません。 
 ただし、病院組合管理者が病気その他やむを得ない理由があると認めたときは返還を猶予することができます。

 申込み受付は入学後に行います。
 詳細については、本校事務室窓口までお問い合わせください。
 毎年、入学時には、甲賀市、湖南市2市内の各病院及び実習提携先病院の担当による修学資金貸与制度についての説明会や個別懇談会を開催しています。
 平成26年度は公立甲賀病院をはじめ7病院からお越しいただき、説明や懇談を行いました。

☆その他の修学資金制度

 本校で取り扱っておりますその他の公的な修学資金制度は、次のとおりです。

日本学生支援機構

 詳しくは機構ホームページまで
 平成26年度利用者数14名(内1年生は3名)

滋賀県看護職員修学資金

 月額32,000円(ただし、卒業後県内の199床以下の病院等指定された特定施設に就職する意思があることが条件)

 これらについても入学後に各制度の詳細についての説明会等を行います。

 (注意) 日本学生支援機構に関しては、入学後の採用(在学定期採用)枠(人数)は、機構から学校ごとに割り当てられ、学校から推薦できる人数が制限されています(平成26年度は第1種1名・第2種5名でした)。

 現役高校生の方は、高3の時点で申し込むと進学後の採用決定が有利となる「予約採用」という制度もありますので、在学する高校の指示に従って申し込みを行ってください。

外来診療担当割

外来診療担当割

受付時間は平日 午前8時~午前11時30分です。受診科や曜日によって時間が異なる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

  • 外来診療担当割
  • セカンドオピニオン
  • 採用情報