ご来院の方へ

HOME > ご来院の方へ > 【外科】乳腺外来

診療科・セクション

外来診療担当割

外来名 担当医 診療日 受付時間
乳腺外来 鳥井 毎週月曜日 13:00~15:00
沖野 毎週木曜日

※男性の方は火曜の外科外来(沖野担当)を受診願います。

【外科】乳腺外来

診療科のご案内-乳腺外来

 乳房温存術式を含め合理的に術式を選択しています。
 進行乳癌の時には手術・抗癌剤治療・放射線治療を併用します。
 また、マンモグラフィー(X線写真の一種)による乳癌集団検診や乳腺外来を積極的に行っています。

 乳がんは女性の悪性疾患の罹患率(がんにかかる率)では第1位。悪性疾患の中での死亡率では5位であり、近年増加傾向にあります。

 ・乳房に違和感・痛みを感じる
 ・しこりのようなものがある
 ・乳頭から乳汁が出続ける
 ・乳がん検診で要精密検査と言われた
 ・何もないけど検診を受けたい
 ・婦人科でホルモン療法を受けている

 このような方は乳腺外来を受診ください。
 「もし乳癌だったら」と怖がらずに、早めに乳腺外来の診察を受けましょう。
 乳がんは早期発見できれば充分根治する可能性がある病気です。
 当院では、日本乳癌学会所属の乳腺専門医・指導医米国臨床腫瘍学会の正会員が診察し、乳がんの診断、手術、放射線療法、ホルモン療法、化学療法すべておこなっています。

乳腺外来へお越しの方へのお願い

 当院での乳腺外来は、問診・視触診に続き必要に応じて超音波検査やマンモグラフィ検査を追加していきます。
 したがって、乳腺外来での一人当たりにかかる診察時間は他の一般外来とは異なり、相当の時間を要します。
 また、これらの検査終了後、必要とされた方には細胞診検査や組織検査を行う場合があり、結果や今後の治療方針についての説明を必要とすることもあります。
 特に乳がん検診の時期には2次検診の方(要精密検査といわれた方)が多く来院されますが、来院される人数を前もって把握することは困難ですし、私どもとしては後日に回すことはなるべく避けたいと考えております。
 以上のような理由から、当院乳腺外来では原則として予約診療を行っておりません。
 状況により相当お待ちいただくこともありますが、一人ひとりの患者様を慎重に診察さていただく原則を外したくありません。
 ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

※こちらから、当外来におけるがん治療の取り組みをご覧いただけます。

 

乳がん以外の乳腺疾患

乳腺症

乳がん以外の乳房の症状として最も多くみられます。乳腺症は病気ではなく、乳腺の或る状態をあらわすものにすぎません。

女性ホルモンのバランスにより乳腺組織の増生や退化が入り組んだ状態で、複雑な症状をきたします。

症状は片側あるいは両側性にしこりを触れる、乳房が張る、痛む、当たると痛い、あるいは乳頭から分泌物がでる(黄色または白色)ということがあります。しこりは乳腺症に伴う変化による乳腺組織そのものですが、月経前に大きさや硬さが増すことがあります。

乳房の痛みは増減したり、突然始まる、突然消失するなどの特徴があります。

乳腺症によるしこりは、基本的にがん化することはありませんが、乳がんとの鑑別が難しく検診では判別できないことがあります。

定期的に乳がん検診を受けるとともに、自己検診を行って自分の乳房の状態を知っておくことで、それまでの乳腺症のしこりとは違ったしこりができたたときに気づきやすく、乳がんの早期発見につながります。

線維腺腫

境界がはっきりしてよく動き、柔らかく弾力性のあるしこりとして触れます。痛みをともなうことはほとんどありません。
20-30歳代の若い女性に多くみあられ、中年以後小さくなることが多く見受けられます。
良性疾患でがん化することはほとんどありませんので治療の必要はなく、基本的には経過観察で十分です。
しかし、触診や画像診断で乳がんとまぎらわしいことがあり、細胞診で乳がんとの鑑別をおこなうことがあります。
しこりが大きくなってくる場合やしこりの直径が3cmを超えるときは、葉状腫瘍(良性・悪性があります)の可能性や美容的な面を考慮して摘出手術をおこなうこともあります。局所麻酔で外来日帰り手術が基本です。

乳腺炎

乳腺炎細菌感染によって乳腺に炎症がおこる病気です、乳腺症とは全く異なります。
授乳期に乳管内に溜まった乳汁に細菌が感染して増殖し、乳房が赤く腫れ、痛みや高熱を伴います。抗菌薬が第1選択ですがひどい場合には切開排膿を必要とすることがあります。
このほか授乳期以外にも乳頭化から細菌が侵入し、炎症を引き起こすことがあります。
炎症性乳がんという特殊な癌は乳腺炎と同じような状態になることがありますので授乳期外に痛みや発赤があれば乳腺外来を受診してください。

乳管内乳頭腫

乳管内にできる腫瘍であり、乳頭から血性の分泌物を特徴とします。
ほとんどは乳頭の近くに発生します。
定期的な観察でよいことがほとんどですが、まれに早期がん(非浸潤がん)をともなうことがありますので、腫瘤が触れるほど大きくなったり、分泌物が多くなったりするさいには切除を行います。

乳房浅静脈血栓症(Mondor病)

乳房から胸壁の縦方向の索状物として触れます。最初に記載したひとがMondorであり、名前が付けられています。悪性ではなく治療の必要はありません。時間を経過して症状は消失します。

 

臨床研究に協力しています

公立甲賀病院 乳腺外科では、京都大学大学院医学研究科との共同研究で「乳がん微小環境形成に関わる分子生物学的機序の生体試料を用いた探索研究」をおこなっています。

詳細は以下のリンク先をご覧ください。

京都大学医学部附属病院乳腺外科 臨床試験・治験について
http://www.brca.jp/consult/clinicaltrial/index.html

関連情報

外来診療担当割

外来診療担当割

受付時間は平日 午前8時~午前11時30分です。受診科や曜日によって時間が異なる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

  • 外来診療担当割
  • セカンドオピニオン
  • 採用情報